過去のハマリゲー


超魔界村R(GBA)  ■カプコン


 ここまで弱い主人公ってFCのスペランカー以来か!? スペランカーは言うまでもないゲーム。何でもない高さから落ちただけでアウト、ただのくぼみにハマってアウト。どうしてこれで?と思う理不尽さ。本作はそこまでではないものの、頑丈そうな鎧を着ていながら1回攻撃を喰らっただけでパンツ一丁になってしまう王国の騎士がいただろうか。
SFC版(3面のボスの出現パターンからカプジェネの方か)のほぼ完全移植であるオリジナルモード。大魔界村や魔界村のステージをアレンジしてプラスしたアレンジモード。この2つのモードから成っている。
キャラクターの操作から使用する武器まで癖があるものばかり。超魔界村から追加された2段ジャンプ。確かに高くまで飛べますが全く修正がききません。調子に乗ってジャンプしていると敵キャラに突進して裸んぼう。武器も誤ってクロスソードやカマ、オノなどをとってしまったら最後。クロスソードなんてどう使いこなせというのか!?
もう完全にパターン化ゲーム。敵や宝箱の出現位置を覚えるしかありません。何十回も同じ所でやられてしまいます。それでもプレイし続ける。そして記録更新。そこに何とも言えない快感があります。



( ワンポイト )
魔法チャージは、ジャンプ中やハシゴを登り降りしている時でも可能。ただし、ジャンプ中に溜めると発動は着地後になる。
得点を稼ぐことによって、2万点、6万点、8万点、13万点(以降は8万点)ごとに1UPする。後述のセーブ技を使えば無限増殖が可能となる。そんなことしても意味はないが・・。
ドル箱袋を集めると難易度に応じてクレジットが増える。アレンジモードでは12個で固定。これも後述のセーブ技を使えば、無限にコンティニューが可能になる。
  BEGINNER・・・10個、NORMAL・・・12個、EXPERT・・・15個、PROFESSIONAL・・・20個
壺を持ったモンスターを倒すと、武器、石像、1UPのどれかが出現する。しかし、画面内に武器があると壺からは石像しか出現しない。また、画面内に壺からのアイテムは3個までしか出せない。逆に、画面内にすでに2個石像が出ている場合、次の壺からは確実に武器が出現する。その武器をとり・・を繰り返せばお好みの武器にチェンジすることが可能。これは重要テク。ステージ1の序盤でこれを使い短剣に装備をチェンジしておきたい。
ボウガンの魔法シークを使えば画面内の宝箱を探索できる。ステージ4-a(高難易度)ではシークでしか出現しない宝箱もある。
黄金の鎧を装備した時に付いてくる月の盾。敵の弾を1発だけ防ぐことが可能。太陽の盾は3発まで防げるだけでなく、魔法のチャージ時間を大幅に短縮できる。
裸んぼうの状態で強力な鎧(青銅、黄金)や盾(月、太陽)をとった場合は鋼の鎧を装備する。
オススメの武器は短剣。強化時の光のナイフの貫通力も魅力だが、魔法の竜もレッドアリーマーAやボス戦で使える。あとはボウガン。強化時には追撃のボウガンになりホーミング機能が付く。これは結構ラク。だが、ホーミングゆえにいつまでも次が撃てないという場面もあるので高難易度ステージなどではオススメできない。オリジナルモード向けか。最初から装備しているヤリは、強化時には連射がきかなくなるのでちとツライ。魔法はA戦では使えるが。それ以外の武器は私は使いません。
魔法使用時には一瞬の無敵時間がある。これを上手く狙って使えるようになればクリアもラクになります。
オリジナルモードの2周目(アレンジモードでは2周目はないので1周目)では、プリンセスの腕輪という特殊な武器が出現する(最終のステージ8へ行くために必要)。これは攻撃力はあるが、魔法が使えない、射程が短い(装備している鎧で変化)などのデメリットがあるので出来ればとりたくない。ステージ7をクリアするまでにとっておけばいいので、それまではお気に入りの武器で進めよう。
オリジナルのステージ3−B(超魔界村)、プチゴブリンが降ってくるエリア。少しずつ進んでいき、後方に降ってきた時に一挙に進めるというパターン。よくある失敗パターンとして、要らない武器がプチゴブリンを倒した時に出てしまい、それをジャンプでと思ったら敵に当たる。もしくは敵に集中し過ぎて要らない武器をとってしまう。この対処法も同じ。後方にプチコブリンが出た時にジャンプで。
オリジナルのステージ4−B(超魔界村)、移動する足場に乗って蒸気を避けるエリア。足場の最前部を出来るだけキープ。蒸気が出てきたら少しずつ小刻みに後ろ(十字キーを何回も押す)へ。蒸気が消えた瞬間にまた最前部へ。もし、魔法を使えるなら無敵時間で通り抜ければOK。
アレンジのステージ4−B(魔界村ステージ1)、石になったウッディがいるエリア。主人公が乗るとウッディが目を覚まして動き始めるが、ヒビが入ったウッディは石のまま。そこで一度立ち止まって動き出したウッディを処理しよう。
アレンジモードの分岐条件はクリア時に装備している鎧。
  黄金の鎧・・・高難易度、ちょっと難しい、普通全てが選択可能
  青銅の鎧・・・ちょっと難しい、普通が選択可能
  鋼の鎧、裸んぼう・・・普通のみ

アレンジモードのステージには難易度が3つある。
  高難易度(超魔界村だが敵配置が追加。宝箱の出現位置も異なる)
  ちょっと難しい(大魔界村や魔界村からのアレンジステージ)
  普通(超魔界村オリジナルと同じ)
つまり、鋼の鎧や裸んぼうでクリアしてもオリジナルと同じステージしか選択できないので意味がないということ。魔法や無敵時間、セーブ技を使って青銅の鎧以上でクリアしよう。



( 宝箱の中身 )
 宝箱の中身は、開ける時のアーサーの状態と何個目の宝箱かで決まる。例えば、そのブロックがスタートしてから2個目の宝箱を出した場合、鋼の鎧の状態で開けると青銅の鎧、裸だと武器になってしまうという訳。スタート時から2個目で青銅の鎧→3個目で黄金の鎧→4個目で太陽の盾でフル装備となる。つまり、ステージ内で最低でも4個は宝箱の出現位置を覚えておけば、復活時にフル装備にできる。



( 武器付けかえ技 )
 ステージ1の序盤など、壺を持ったモンスターが次々と現れる場所で可能。
まず、壺モンスター(ゾンビ、ゴースト、コウモリ、プチゴブリン、フライングナイト)を倒し、画面内に石像を2つ出現させる。その後、壺モンスターを倒すと必ず武器が出てくる。好みの武器でなかった場合は、その武器をとり再び壺モンスターを倒す。すると、次の武器が出てくる・・・。これを繰り返せば、好みの武器にチェンジすることができる。



( セーブ技 )
 携帯用ゲーム機のソフトであるため、その対策としてセーブ機能が付いている。ステージ1〜5までは2つのブロックに分かれており、セーブ後はブロックのスタート地点に戻される。しかも、全ての状態(得点、残り数、クレジット、武器、装備・・・)を引き継いだまま。つまり、黄金の鎧をとった時点でセーブしてやり直すとブロックの最初から黄金の鎧になる。これを利用して安全な場所で繰り返し稼げばクレジットや残り数を増やすことも可能。ただし、新しいブロックに進んだからといって安易にセーブしてしまうと、どうにも進めなくなることも。最終的には自分の腕を上げるしかない。



( レッドアリーマーA攻略 )

(1)通常
連射のきく武器を装備する。ヤリやナイフ(強化時は連射性能が×)、プリンセスの腕輪。ボウガンなら適当に撃っていても倒せる。強化時なら自動で追ってくれるので楽勝。


(2)魔法使用
どの魔法(ボウガン以外)でもOK。パターンとしては動き出す前に魔法でと、特攻してところに魔法という2つ。前者の場合、誤射で刺激してしまうことを避けるため、一度反対を向いて攻撃してから魔法をチャージすることをオススメする。



( 全く役に立たないテクニック、でも気持ちいい )
 全く役に立ちません。私流の決まって気持ちいいテクを紹介します。あなたにもあるはずです。

(1)ステージ1−B
ベリアル地帯をうまくかわし、最後は頭をぶつけて低空2段ジャンプ。


(2)ステージ2−A
宝箱は無視してショートカット。よく考えるとたいして短縮されていないが・・。

(3)ステージ2−A
あえて飛び込む。そしてかわして着地!!

(4)ステージ7
最後のはしごは2段ジャンプで。その前のミミック2連発も2段ジャンプでかわしていけばさらにベスト。最後はゴーストをブシュッと消せればさらに気持ちいい。




( 最後に・・ )
 魔界村って昔から難易度が高いゲームでした。特に、FCの魔界村は極悪レベルで、今プレイしてもステージ2をクリアできない(ハゲ親父が難敵)でしょう。それと比べれば、超魔界村は2段ジャンプや魔法があるので幾分難易度は下がっている。それでもやっぱり魔界村なんです。完全にパターン暗記ゲーム。やられてやられて・・。それでもプレイし続けると新たなパターンが見えてきたり、偶然ダメージを受けて吹き飛ばされた時に宝箱が出現することも。そして、自分なりにパターン化されたステージをパターン通りにクリアしていく。これが達成できた時にすごく気持ちがいいんです。
アレンジモードは大魔界村や魔界村のステージがアレンジされて入っていて結構楽しめました。でも、高難易度ステージは難かし過ぎ。セーブ技を使って何とかクリアはできたが・・。もう魔法の無敵時間を使いまくらないと正直キツイです。
エンディングでプリンセスのスリーサイズが分かるというのもどうなんでしょ。そう言えば、移植度はかなり高いらしいが、エンディング中にコカトリスの攻撃を喰らってアウトというのも再現されているのだろうか。


 過去のハマリゲーに戻る

 

 

inserted by FC2 system